豊穣の女神アバンダンティアが教える豊かさのコツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ケースY(女性)

Yさんには悩むのが好きで、なかなか決心をすることができないと言う心の癖がある。

そのために、いつも中途半端な気持ちで、目の前のことに関わることになってしまう。

あなたがもし、目の前のことに全力投球をすることができるならば、あなたは豊かさを受け取ることができるだろう。

それは、あなたが、100のエネルギーをそこに注いだとすれば120の成果が期待されるというようなものだ。
だが、あなたがいつも迷いの中にいるために100のエネルギーを注ぎ込むことができない。

Yさんの豊かさのトラウマである迷うこと、1つに決めれないことは
あなたの母と、母方から受けついだものの1つである。

Y家の女性達というのは決めることが苦手だ。

それは、決めるとそこから責任が発生するからだ。
責任が発生した時に、夫と上手くいかなくなるのではないかという不安がそこにある。

Yさんも同じだ。
自分が強い意志を持って、何かをやると決めた時に、周りの人間と調和がとれなくなるのではないかと言う不安が、彼女の中にある。
その結果、物事を1つに絞り、そこに、全力投球することが難しくなっている。

彼女は、自分のやりたいことを決めて、1つずつステップアップしていくと良いだろう。
それは、小さなことから始めると良い。

もっと時代をさかのぼると
それは、前世で彼女が男性だった時、あまりに1つのことに熱中したため、
彼は死ぬ時に、あれもやりたかった、これもやりたかったという後悔の念を抱いた。
そのことによって、1つのことをすることによって、あれもこれもできなくなるのではという心配が起るからだ。

1つずつこなせば良いし、1つのことに熱中しながらでもあれもこれもできる。

1つのことに決めることを学ぶことができたなら、その次はバランスを学ぶと良いだろう。

そうすれば、同時にあなたは色々なことができるようになる。


ご本人の許可を得て個人が特定できないように配慮した上で掲載せていただいています。

スポンサーサイト

PageTop

ケースX(女性)

最初に白い質素だけどきれいなローブのようなドレスを着た女性が見えました。
16、17歳くらいです。
好きな人がいたのだけど、君主に見初められて妻になることが決まっていた。
たくさん奥さんがいるうちの一人です。

好きな人がいたので、奥さんにならなくてもいいようにと祈るのだけど、
断るということは死を意味して、選択の余地のないものでした。

ここから、彼女の我慢の生活が始まります。
しかし、この女性は夢を見ることをやめませんでした。

そのうちに、男の子が生まれ、この子が、後の王となります、
王になるときに、夫であり、父であった男というのは暗殺されます。

その後、自由と権力を手に入れます。
思いのままで、もっと何かがあるはずと心を満たすものを求めて贅沢の限りをつくします。

この女性の人生が今のXさんに強く影響を与えていて、我慢のあとに実りがあると無意識に思い、自分で現実をかえようとせずに、タイミングを待つという生き方を選択させています。

しかし、今生の彼女はいつでも自由になることができます。
選択肢は幾通りもあるからです。

今生ではその時に手に入れることができなかった、心満たされる、もっと何かを探しています。
それは、お金で買うことのできないものです。
それを手に入れた時、あなたは本当の豊かさを知ることになります。

生きる目的を見つけて、実行する時、達成感を得ることができます。
まずは、行動を起こすことです。


PageTop

ケースW(男性)

まず、この者は幼少の頃より、劣等感があった。
そのことによって、人と交わったりすることがとても苦手だった。
彼が豊かになるためには、まず、分かち合うことを学ぶと良いだろう。

とても繊細だったので、母親の何気ない一言で、
自分はここにいるべき存在ではないと思ったことが今生のっきかけである。


とある星から一人で、円盤に乗って、この地球にやってきた。
住むのが目的ではなく、遊びに来たのだけれども、とても気に入って結局住みついてしまった。

ところが、たいがいの魂はグループで地球にやって来ていることがわかった。
(そういった魂は使命があるので、グループでやって来ている)

単独で、来た魂は 少なかったので、このときから、自分は自分は一人、分かち合ったり、分かりあえたりする人がいない思い込んだ。

このような人とは違うという意識が、劣等感の根本にある。

いつも、こういった思いが潜在意志の中にあったので、一人でいることとか、一人でできる仕事をを好んだ。

前世の中で1番好きだった仕事は彫刻家で、ミケランジェロと共に仕事をしていた。
この時は、仲間がいたので、彼にとってはとても輝かしい時代の一つだった。

今生もこの時代のように一人で切る仕事であり、かつ、仲間がいる仕事を選ぶと良いだろう。

今までは、一人という意識が強かったかもしれないが、あなたは一人ではなく、
あなたと同じ星オリオンから来た魂というのはたくさんいるということを覚えておくとよいだろう。
あなたはこれから、同じ星から来た魂達とたくさん出会うことができる。
たくさん分ちあうこともできるようになるだろう。
そうすれば、色々なことが循環し始め、あなたは大いなる豊かさを味わうことができるようなる。

PageTop

ケースV(男性)


まず、この者は豊かさについて間違った理解を持っています。
豊かさとは所有することができないということです。

所有することで、自由を失うという恐怖があるようですが、
本当の自由は自分の人生に責任を持つことです。
また、水の流れの如く、エネルギーの流れの如く、豊かさもまた流れなのです。
豊かさは所有することのできないものなのです。

あなたが、そのことを理解したとき、エネルギーを自由に操ることができるように
豊かさにおいても自由に操ることができるようになります。

彼は中国の秦の時代において皇帝だったことがあります。
その時、あなたはありとあらゆる物を所有しました。
その結果、あなたは自由を失い、そして、心も満たされることもありませんでした。

あなたは所有することは自由を失うことだと思い
その後の人生では何も所有せずに放浪する人生が多くありました。
乞食であったり、僧侶であったり、
そして、豊かさや、心が満たされること、人生をありとあらゆる方面から探究しました。

だが、いつも、もう少しで、その探究が完成するという時にあなたはそれらから逃げたのです。
完成させてしまえば、所有が始まると恐れたからです。

けれども、真実は所有することはできません。
物事が探究が完結することによって、更なる始まりがあります。
そして、さらなる自由が手に入ります。

今、あなたがすべきことは今まで探究してきたことを完結させることです。
それによって、あなたは豊かさを自由に操れるようになります。

PageTop

ケースU(女性)


ニコニコしている女の子が見えます。
大人達から色々なものをもらって喜んでいます。

そんな彼女の豊かさのカルマは?とアバンダンティアに聞いてみました。

彼女は、常にお返しをしなければならないという考えがあって、全て返そうとする心の癖があります。
そこが、豊かになることを難しくしています。

いただいたものをただ、喜んで受け取り、感謝するだけでいいのです。
喜びと感謝を循環させることです。

その心の癖はどこからきたのかを聞きました。

Uさんの魂はアルクトゥルスとい星からやってきました。
7つの魂とともに地球のムーという時代にやってきました。
地球の素晴らしさ、美しさ、に目を奪われ、毎日が楽しくて、
どこからきて、何をするためにきたとかという、魂の本質を忘れてしまったのです。
ただの人間になってしまった、
自分の中に秘められた色々な能力があることもすっかりしまったのです。

そのために、何かをしたり、手に入れたり、生きることに必要なことに対して、
様々な制約が生まれました。
つまり、頑張ったら、頑張った分しか手に入らないという制約です。

あなたの魂の本質や、目的を思い出すこと/探究することにより、本来の魂がもっている能力が目覚めることになります。
魂とともにある時に宇宙の大いなる意志も一緒に働き、そのサポートを受けることができるようになります。
そうると、あなたはとても豊かになることができます。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。